団体紹介

私たち日本細胞農業協会は、細胞農業が人々の理解と信頼のもとに社会普及することをミッションに掲げて、活動を行なっています。


我たちは、これまで任意団体「Shojinmeat Project」として、細胞農業の普及活動として実験教室や勉強会、出版物の販売、創作活動を通して広く社会に情報を発信してまいりました。

このような活動を通して見えてきた課題と、世界で先行する事例を考えると、日本において細胞農業産物が一般に普及し、人々の食文化をより豊かにするためには、多くの人々に支援される組織がリーダーシップをとって活動の幅を広めていくべきであると考えました。

そのためには営利目的ではなく、中立の立場で多くの人々に参画していただける組織が不可欠であることから、特定非営利活動法人格を取得する考えに至りました。


定期的な総会の実施、一般市民への情報公開などを適切に行うことで、社会的信用を得て、健全な法人運営が実現できると考えています。


私たちは学会の開催、教育事業、細胞農業の普及啓発事業等を通じて、環境負荷の小さい持続可能な新しい農業である細胞農業を広め、人々のみならず地球環境への貢献を目指します。

特定非営利活動法人 日本細胞農業協会 定款

(定款)_日本細胞農業協会_2019.pdf