細胞農業とは

細胞農業とは、従来のように動物を飼育することなく、生物を構成している細胞そのものをその生物の体外で培養することによって行われる新しい生産の考え方です。


これまでの伝統的な農業に比べ、環境負荷が小さく、持続可能な食料生産方式として期待されています。また、細胞培養の技術を応用すれば、食料以外にもさまざまな製品を作り出せる可能性があります。


世界中で細胞農業に関する技術開発が加速する一方で、新規参入する際の指針や、技術に対する情報公開や一般理解、生産から流通までの全体を見据えたルール作りなど、細胞農業が社会全体の利益になる形で実現するには解決すべき課題があります。